ニキビ治療への思い

ニキビは潰すと早く治りやすい!?

ニキビを潰すと早く治る噂は果たして本当なのか、医療機関の視点から解説していきます。

ニキビで潰してもいいのは白ニキビ!

一般的にニキビを潰してしまうと、そこから雑菌が入り込み、炎症反応を起こします。傷口の程度によっては痛みを伴い、ターンオーバーが上手く機能しないままシミ(色素沈着)が残るパターンがあります。しかしニキビの初期段階、いわゆる「白ニキビ」の状態であば、この段階で潰す方がかえってニキビの治りが良くなります。特にニキビの芯をしっかりと摘出できているかどうかがポイントです。

白ニキビの取り出しに関してはコメドプッシャーなどの専用器具を使用して、自身で面皰圧出する方法もありますが、白ニキビの摘出は医療機関でも行っていますので、安全性を重視するならこちらがおすすめです。

ニキビを潰すときの注意点

白ニキビができた際、芯を効率よく取り出せば跡に残りませんが、潰す際注意点がいくつかあります。

爪や指でニキビを潰すのはNG
ニキビを潰す時にやってはいけないのが、爪や指を使った方法です。無理に押し出そうとすると毛穴に傷が入り、そこからばい菌が侵入して炎症を起こしてしまいます。炎症を起こしたニキビはやがてニキビ跡として一生残ります。また、傷の深さによって腫れや化膿を繰り返すため、市販のニキビケア化粧品では完治するのは不可能です。気になるからといって、爪や指を使ってニキビを潰してはいけません。必ずコメドプッシャーの専用器具を使用するようにしましょう。

ニキビの芯を引き抜こうと、無理に押し出すのはNG
一般的にコメドプッシャーはニキビの芯を取り出すための専用器具です。コメドプッシャーは楕円形状と円形状の2種類あり、円形状の方がニキビの芯をしっかり押し出すことができます。しかし、ニキビの状態によっては上手く取り出せない場合があります。その際、無理に押し当てると皮膚に負担がかかり、反動でニキビを潰してしまうリスクがあります。専用器具を使用してもニキビが潰せない方は、無理に潰さないようにしてください。

ニキビを潰した後は必ず消毒を施す
ニキビを潰した後は、必ず患部を消毒するようにしてください。ニキビの芯を安全に摘出しても、患部にはまだ雑菌が入り込みやすくなっています。雑菌の侵入を防ぐため、綿棒やガーゼなどに消毒液をつけて患部に塗るようにしてください。その際、無理な圧力をかけず、軽くタッチする要領を意識することがポイントです。患部を清潔に保つことがニキビ再発防止の手立てになります。

CONTENTS

  • 治療方法について
  • ニキビの原因
  • ニキビの種類
  • よくある質問

各院案内

心斎橋のご案内

電話受付時間

電話受付時間

  • 梅田院
  • 渋谷院
  • 新宿院
  • 池袋院
  • 銀座院

ページのトップへ