ニキビ治療への思い

ケミカルピーリング

古い角質を剥がし、ターンオーバーの周期性に基づく、ニキビ・ニキビ跡の最新治療方法を紹介ます。

ケミカルピーリングの概要

汚れのこびり付いた古い角質を酸の力で剥離し、まっさらな肌にリセット
ケミカルピーリングはサリチル酸マクロゴール、またはグリコール酸を使用して角質に汚れが蓄積された古い角質を剥がします。一度肌細胞の機能をリセットしてからターンオーバーを正常化にすることで、様々な要因から引き起こされる肌トラブルを未然に防ぎます。

ケミカルピーリングの主な特徴

・酸で古びた角質層を除去し、肌の代謝機能を正常へ導きます。
・余分にある角質を剥がすことで、より高い治療効果が期待できます。
・肌表面の角質を均一に揃えることで、肌トラブルが起こりにくくなります。
・ターンオーバーを促すことで、しみ・くすみの肌トラブルが解消できます。
・術後しばらくの間、多少肌が乾燥しやすくなる場合があります。

ケミカルピーリングについて

ケミカルピーリングは、肌表面に蓄積された古い角質をサリチル酸マクロゴール、またはグリコール酸のピーリング剤によって除去し、肌のターンオーバーの正常化を促しながら新しい肌に生まれ変えるた治療方法です。一般的に黄色人種と言われている日本人の肌に対しては、グリコール酸のピーリング剤を使用します。薬剤を顔に塗布するので、皮剥けが進行し、赤みの症状が表れます。しかしグリコール酸自体はフルーツ酸なので、余分な角質や毛穴に詰まった汚れを効果的に落とすことができます。時間が経つとともに肌のダメージも修復されていくので、安全性が高いのが特徴です。一方、サリチル酸マクロゴールは毛穴に潜む角栓の生成を防ぐ効果があります。さらに、コラーゲンの生成を加速化する働きがあるので、通常のピーリングによる赤み、痛み、乾燥などの副作用が起こりにくいのが特徴です。どちらも肌細胞を活性化して新しい肌の再生を促すので、ハンデはございません。患者様のご要望に応じて、ピーリング剤を使い分けますのでご安心ください。

フォトRF(オーロラ)SR

効果・メリット

ニキビ・ニキビ跡の改善、毛穴の引き締めなどの肌トラブルが起こりにくい

ケミカルピーリングは酸性の薬剤を使用し、余分になった角質を化学的な手法で剥離します。それまでの肌状態を全てリセットし、まっさらな状態からターンオーバーを正常化していきます。角質を剥がすことはニキビ・ニキビ跡の症状を改善するだけでなく、ニキビの原因のもととなる毛穴の詰まりを解消することができます。加えて、ケミカルピーリングはコラーゲンの生成を促す働きがあるので、ターンオーバーの動きとともにニキビのできにくい肌質に整えていきます。ターンオーバーが順調に進むと肌の水分力が増し、ハリツヤが生まれるなど、美肌効果を同時に得ることができます。

相乗効果で他の治療の効果をより高めることが可能

ケミカルピーリングの治療は、ニキビ・ニキビ跡の症状改善だけではなく、他の治療効果を高めることができます。心斎橋フェミークリニックで行っているアクシダームの施術と併用することで、治療効果はさらに高まります。

リスクとその解消法

術後からしばらくの間、多少肌が乾燥しやすくなる場合がある

ケミカルピーリングは表皮に蓄積されている古い角質を剥離するので、新しい肌細胞に生まれ変わるまでの間、肌が乾燥しやすくなる状態が続きます。心斎橋フェミークリニックではケミカルピーリングの施術と合わせて、イオン導入と保湿パックで乾燥の進行を抑えますので、乾燥による肌トラブルを防ぐことができます。

より高い効果を得るために

術後は肌がいつも以上に乾燥しやすくなるので、保湿ケアは入念に行うことを心がけてください。保湿ケアを万全にすることで新しい肌細胞に生まれ変わる期間が早くなるので、その分正常な肌の状態に戻る期間が短くなります。肌は常に敏感となっているので、スクラブ洗顔などの刺激の強い洗顔料を使用した洗顔は控えてください。基本となるスキンケアアドバイスに関して、心斎橋フェミークリニックでは直接医師・スタッフからアドバイス致しますので、ご安心ください。

施術の併用

ケミカルピーリングの治療はイオン導入と併用して行いますが、さらにアクシダームと併用することで、より高い治療効果を得ることができます。

アクシダームについて

CONTENTS

  • 治療方法について
  • ニキビの原因
  • ニキビの種類
  • よくある質問

各院案内

心斎橋のご案内

電話受付時間

電話受付時間

  • 梅田院
  • 渋谷院
  • 新宿院
  • 池袋院
  • 銀座院

ページのトップへ