ニキビ治療への思い

治療方法について

ニキビの症状別ごとに、当院がご案内する最適な治療方法について紹介します。

ニキビの治療法のご紹介

クリアタッチS

光線治療(オムニラックス)

クリアタッチは、複数の波長の光と熱の作用によってニキビ治療を行う治療方法です。 青と赤の光で治療を行います。青い光では殺菌をし、赤ニキビの要因となる菌を殺菌します。 また赤い光が持つ抗炎症の効果がニキビ跡を治療します。 赤と青の光をを使った治療とともに60度程度の熱によって、 血行の促進及び殺菌を行い、これらの治療効果によってニキビを治していきます。

クリアタッチSは以下のニキビの症状に対応しています!

  • 白ニキビ
  • 黒ニキビ
  • 赤ニキビ
  • 化膿ニキビ
  • ニキビ跡(凸凹)
  • ニキビ跡(色素沈着)

ケミカルピーリング

ケミカルピーリング

古くなった角質層を酸の力で剥がし、肌のターンオーバーを改善します。一度肌細胞の機能をリセットし、新たにターンオーバーの正常化を進め、肌トラブルを生じない素肌に成長し導きます。治療と並行してイオン導入をすると、肌の内部に有効成分がしっかりと入り込み、治療効果が高くなります。

詳しくはこちら

ケミカルピーリングは以下のニキビの症状に対応しています!

  • 白ニキビ
  • 黒ニキビ
  • 赤ニキビ
  • 化膿ニキビ
  • ニキビ跡(凸凹)
  • ニキビ跡(色素沈着)

フォトRF(オーロラ)SR

フォトRF(オーロラ)SR

パルスライトと呼ばれる光エネルギーと高周波の2つの力で、肌の奥深くに位置する真皮層を活性化させます。真皮層を活性化させることで、コラーゲンの生成を促進し、小じわ、たるみ、毛穴縮小、にきび跡といったアンチエイジング作用に高い効果を発揮します。術後のダウンタイムは短く、副作用はほとんどありません。

詳しくはこちら

フォトRF(オーロラ)SR以下のニキビの症状に対応しています!

  • ニキビ跡(凸凹)
  • ニキビ跡(色素沈着)

レーザートーニング

アクシダーム

レーザートーニングでは「メドライト」という最新のレーザーを使用して治療を行います。これまで治療が難しいとされていた肝斑の治療を行なうことが出来ます。レーザー治療のネックである副作用・ダウンタイムもほとんどありません。これは非常に微弱なレーザーを広範囲に照射することで肌への負荷を最小限に止めているためです。

レーザートーニングは以下のニキビの症状に対応しています!

  • 白ニキビ
  • ニキビ跡(色素沈着)

PRP療法

PRP療法

血小板には血管を新たに作り出し、コラーゲン生成を活性化する成長因子が豊富に含まれています。この機能をもとに患者様ご自身の血小板を活用し、肌細胞を活性化し、ニキビ・ニキビ跡の症状を改善します。治療の安全性は高く、アレルギー・感染症のリスクはありません。

詳しくはこちら

PRP療法は以下のニキビの症状に対応しています!

  • ニキビ跡(色素沈着)

TCAピーリング

 TCAピーリング

ピーリングの中でも角質を剥がす力が最も強い治療で、トリクロロ酢酸という一番刺激の強いピーリング剤を使用しています。従来のピーリング治療では実現することが難しかったニキビ跡の凹みを浅くなめらかに仕上げ、外見を目立たなくさせることができます。術後のダウンタイムは少なく、1ヶ月に3~5回程度の治療で効果が現れます。

詳しくはこちら

TCAピーリングは以下のニキビの症状に対応しています!

  • ニキビ跡(色素沈着)

CONTENTS

  • 治療方法について
  • ニキビの原因
  • ニキビの種類
  • よくある質問

各院案内

心斎橋のご案内

電話受付時間

電話受付時間

  • 梅田院
  • 渋谷院
  • 新宿院
  • 池袋院
  • 銀座院

ページのトップへ