ニキビ治療への思い

ACR療法

自身の血液から採取した血小板を使用し、肌機能を若返らせていく、ニキビ・ニキビ跡の最新治療方法を紹介ます。

ACR療法の概要

患者様ご自身の血小板を利用し、低下した肌機能を復活させる
ACR療法は患者様の血液から採取した血小板を利用し、低下した肌機能を一気に活性化させます。血小板は血管を新たに作り出したり、コラーゲンの生成を活性化させる成長因子が豊富に含まれているため、肌細胞の活性化に大きく貢献してくれます。患者様本人の血液を利用するので、治療の副作用の心配はありません。

ACR療法の主な特徴

・血小板の持つ成長因子の働きで細胞が活性化し、肌の若返りの効果を得ることができます。
・患者様ご本人の血液を利用するので、安全性が高く副作用の心配は特にありません。
・血液の採取から施術まで、一連の流れの全てを当日で済むことができます。
・肌を活性化させることで、ニキビ・ニキビ跡の症状に改善が見られます。
・治療効果は術後、2週間~3ヶ月程度で表れます。

ACR療法について

ACR療法(自己多血小板血漿療法)は、患者様の血液の中に含まれる血小板を利用して肌の若返りを目指す治療法で、PRP皮膚再生療法とも呼ばれています。血小板には止血効果(出血を抑える)と創傷治癒効果(できた傷を修復する)の2つの効果がありますが、ACR療法では後者の効果を応用した治療となります。採取した血小板は遠心分離機にかけ、血小板濃度の高い「多血小板血漿(PRP)」のみ患部に注入します。血小板には細胞の機能を活発にしたり、コラーゲンの生成、新しい血管を作るといった働きのある成長因子(グロースファクター)が豊富に含まれています。これにより、ニキビ・ニキビ跡はもちろん、しわやたるみ、しみなどの肌トラブルの様々な症状を改善することができ、コラーゲンやヒアルロン酸の単体の注入では得られない、高い美白効果を得ることができます。

血小板に含まれる成長因子の主な役割

血小板に含まれる成長因子は、以下の働きのある成長因子に細かく分けられています。

・PDGF(Platelet derived growth factor):血管の新生・修復、細胞増殖、コラーゲン産生
・FGF (Fibroblast growth factor):組織修復、コラーゲン産生、ヒアルロン酸産生
・EGF(Epithelial growth factor):血管新生、上皮細胞の成長促進、創傷治癒促進
・VEGF(Vascular endothelial growth factor):血管内皮細胞増殖・新生
・GF-β(Transforming growth factor-β):上皮細胞・血管内皮細胞の増殖・新生、創傷治癒促進

ACR療法は上記の特徴を持つ成長因子の働きによって、体に張り巡らされた細胞を活性化させ、肌本来のハリやうるおいを取り戻すことができます。

効果・メリット

肌のアンチエイジング効果

多数の成長因子を含む血小板を患部に注入することで、ニキビ・ニキビ跡だけではなく、シワ、たるみ、シミ、毛穴の肌トラブルに効果を発揮します。

治療の安全性が特に高い

ACR療法に使用する血小板は、患者様ご自身の血液から採取ているので、術後副作用の発生はありません。また、感染・アレルギーの発症はありませんので、治療の安全性は高く保証されています。

CONTENTS

  • 治療方法について
  • ニキビの原因
  • ニキビの種類
  • よくある質問

各院案内

心斎橋のご案内

電話受付時間

電話受付時間

  • 梅田院
  • 渋谷院
  • 新宿院
  • 池袋院
  • 銀座院

ページのトップへ