ニキビの原因

ニキビの原因

大人ニキビができる原因は何なのか、当院が解説を交えて紹介します。

大人ニキビの原因とは?

一般的にニキビは皮脂の過剰な分泌によって角質に汚れが溜まり、そこにニキビ菌などの菌が繁殖することによって作られています。ニキビが作られる原因は様々あり、例えば思春期にできるニキビは性ホルモンの分泌上昇により、皮脂が過剰に分泌することで発症します。しかし大人ニキビの場合では、性ホルモン以外に複数の原因が考えられており、原因の根本を知ることが大人ニキビの治療の第一歩となるわけです。

ニキビができる原因

ストレス

ストレス(特に精神的ストレス)は、大人ニキビができる原因の中で密接に関わっています。過剰にストレスを溜め込み続けると、脳は常に緊張状態を強いられ、さらに脳下垂体から副腎皮質ホルモンの放出と一緒に男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が分泌されます。これによりホルモンバランスの均衡が保てなくなり、それを分解しようと逆に男性ホルモンの働きが優位に立ってしまいます。皮脂の分泌を活発にし、角質を厚くして毛穴を詰まりやすくした結果ニキビができてしまいます。ストレスが原因でできるニキビは、あごなどのフェイスラインにできる特徴があります。

食生活の乱れ

栄養バランスを考えずに、脂質、炭水化物、糖類中心の食生活が定着すると、内臓機能の低下だけでなく、皮脂の分泌・ターンオーバーの乱れが生じ、かえってニキビをできやすくしてしまいます。脂質は「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類が存在します。このうち男性ホルモンの分泌を高め、皮脂の分泌を活発にさせるのが飽和脂肪酸です。動物性脂肪の多い食べ物に含まれるので、過度な摂取は厳禁です。一方、炭水化物・糖類の食べ物の分解・合成には、ビタミンB2が効果的です。肉メインの主食、酒・タバコの刺激物、酸化した油脂の多いインスタント食品・加工食品の過剰摂取は肌機能を低下する要因です。注意しましょう。

睡眠不足

眠っている間は古い肌細胞を新しいものに作り変えるため、成長ホルモンの分泌が盛んになります。副交感神経の働きにより日中受けたダメージを修復し、肌の若々しさを与えるエストロゲン(卵胞ホルモン)の活動により、ターンオーバーの正常化を狙っていきます。しかし睡眠不足が続くと自律神経の働きが乱れ、ホルモンの分泌機能が低下し、ニキビが作られます。体内に疲労が溜まっている場合はニキビ発症のサインです。ホルモンバランスの分泌を正常にするためにも、睡眠はしっかり取ることが大切です。特に22時~2時がホルモン分泌が最も盛んになる時間帯なので、最低でもその時間の間に就寝しましょう。

便秘と胃腸障害

腸内に溜まった消化物が便として排出しない期間が長いと、毒素が体内に浸透し、肌にダメージが蓄積されていきます。一般的に女性は男性と比べて便秘になりやすく、その理由は女性ホルモンの関係が密にあります。女性ホルモンは、大きく分けて黄体ホルモンと卵胞ホルモンの2種類あります。通常便は胃から送り込まれた食べ物が小腸でドロドロの液状にし、大腸で水分を吸収して肛門に排出されます。しかし黄体ホルモンは大腸のぜんのう運動を抑制する働きがあるため、直腸に便意の指令が伝達しにくい特徴があります。特に、月経前、妊娠初期が黄体ホルモンの分泌が多くなります。また、女性は男性と比べて筋力が弱く、胃や内臓が垂れやすくなっています。

生理不順・月経前症候群

女性なら誰しもが経験する生理、月経ですが、この2つの生理現象の発生に共通する物質が卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。一般的に女性の生理周期は「月経期 ⇒ 卵胞期 ⇒ 排卵期 ⇒ 黄体期」の4つの周期が閉経まで繰り返し続ける特徴があります。この生理周期の繰り返しにかかる期間は28日前後と言われています。各期によって体内のホルモンバランスが乱れやすくなりますが、その中で女性が特に注意しなければいけない時期が排卵後~月経開始期の中間にあたる黄体期です。排卵後黄体ホルモンが過剰に分泌され、それが皮脂の分泌につながって生理前にニキビができてしまいます。

CONTENTS

  • 治療方法について
  • ニキビの原因
  • ニキビの種類
  • よくある質問

各院案内

心斎橋のご案内

電話受付時間

電話受付時間

  • 梅田院
  • 渋谷院
  • 新宿院
  • 池袋院
  • 銀座院

ページのトップへ